短波通信(読み)たんぱつうしん(英語表記)shortwave transmission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「短波通信」の解説

短波通信
たんぱつうしん
shortwave transmission

短波を利用した通信で,比較的小電力で遠距離に伝達する特徴をもつ。以前は国際間の電信,電話に広く用いられたが,電離層の影響によりフェージングが著しく,また大容量の通信に適さないため,現在では国際通信は衛星通信および海底ケーブル通信に置き換えられている。しかし,簡単な装置で遠距離の通信ができるので,一部の国内通信,放送や漁業無線アマチュア無線などのほか,特殊な通信に用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android