コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短波通信 たんぱつうしんshortwave transmission

1件 の用語解説(短波通信の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短波通信
たんぱつうしん
shortwave transmission

短波を利用した通信で,比較的小電力で遠距離に伝達する特徴をもつ。以前は国際間の電信,電話に広く用いられたが,電離層の影響によりフェージングが著しく,また大容量の通信に適さないため,現在では国際通信衛星通信および海底ケーブル通信に置き換えられている。しかし,簡単な装置で遠距離の通信ができるので,一部の国内通信,放送や漁業無線,アマチュア無線などのほか,特殊な通信に用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

短波通信の関連情報