コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石に立つ矢 イシニタツヤ

デジタル大辞泉の解説

石(いし)に立つ矢

一念を込めてやれば、どんなことでもできることをいうたとえ。漢の李広がを虎と見誤って矢を射たところ、矢が石に立ったという「史記」李広伝の故事による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしにたつや【石に立つ矢】

〔「韓詩外伝」の楚の熊渠子ゆうきよしの話や、「史記李広伝」の、虎と見誤って石を射たところ矢は石を射通した、という故事から〕
心をこめて事にあたれば、どんな難事でも成就するというたとえ。念力岩を通す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石に立つ矢
いしにたつや

一心を込めて事を行えばかならず成就するとのたとえ。中国楚(そ)の熊渠子(ようきょし)が、一夜、石を虎(とら)と見誤ってこれを射たところ、矢が石を割って貫いたという『韓詩外伝(かんしがいでん)』巻6や、漢の李広(りこう)が猟に出て、草中の石を虎と思って射たところ、鏃(やじり)が石に突き刺さって見えなくなったという『史記』「李将軍伝」の故事による。「虎と見て石に立つ矢もあるものをなどか思(おもい)の通らざるべき」の古歌や、「一念(一心)巌(いわ)をも通す」の語もある。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石に立つ矢の関連キーワード韓詩外伝難事