一念岩をも徹す(読み)いちねんいわをもとおす

故事成語を知る辞典「一念岩をも徹す」の解説

一念岩をも徹す

精神を集中しているときには、不可能なことも可能になるというたとえ。

[使用例] 陰陽秘伝一巻を、朝昼夜に読みけり、人の一念岩をも通す、十二の春に意味をさとり、十四の秋にとうを覚え、十五の夏にうんおうを極め[国枝史郎つたかずらそのかけはし|1922~26]

[由来] 「韓詩外伝―六」に見える話から。紀元前数世紀の昔、中国のという国でのできごと。ゆうきょという人物が、虎だと思い込んで石に向かってを放ったところ、その矢が石に突き刺さったということです。同じような話は、「史記こう伝」にも載せられています。

〔異形〕念力岩をも通す石に立つ矢

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「一念岩をも徹す」の解説

いちねん【一念】=岩(いわ)をも徹(とお)す[=岩(いわ)にも徹(とお)る]

強固な信念至誠で事に当たれば、いかなることも成し遂げることができるの意にいう。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)三「一念岩を徹(とほ)すといへば、一生の中に逢はれまい物でなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android