コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石丸亀峰 いしまる きほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石丸亀峰 いしまる-きほう

1735-1812 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)20年生まれ。肥前佐賀藩家老多久氏の家臣石丸良賢の子。父に徂徠(そらい)学をおしえられ,さらに京都でまなぶ。多久の郷校東原庠舎(とうげんしょうしゃ)(多久聖堂学校)教授となり,天明4年佐賀藩校弘道館教諭,のち教授代にすすんだ。弘道館にうつったとき,朱子学に転向。文化9年2月18日死去。78歳。名は良幹。字(あざな)は礼介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石丸亀峰の関連キーワード第2次英米戦争雍正帝古月軒ケイズルケイズル河原崎座乾隆帝雍正帝ダニーロ市川団十郎

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android