石作大来(読み)いしつくりの おおく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石作大来 いしつくりの-おおく

古代伝承上の石工(いしく)。
播磨国風土記(はりまのくにふどき)」によれば,死去した仲哀天皇のための石棺材料をもとめて,神功(じんぐう)皇后にしたがい讃岐(さぬき)(香川県)にいった帰り,遺骸をほうむる場所として播磨(兵庫県)印南(いなみ)郡の伊保(いほ)山をえらんだという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android