コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石作大来 いしつくりの おおく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石作大来 いしつくりの-おおく

古代伝承上の石工(いしく)。
播磨国風土記(はりまのくにふどき)」によれば,死去した仲哀天皇のための石棺材料をもとめて,神功(じんぐう)皇后にしたがい讃岐(さぬき)(香川県)にいった帰り,遺骸をほうむる場所として播磨(兵庫県)印南(いなみ)郡の伊保(いほ)山をえらんだという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android