コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石刻 セッコク

2件 の用語解説(石刻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっ‐こく〔セキ‐〕【石刻】

石に彫刻すること。また、その彫刻。
石版で印刷したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せっこく【石刻】

石に彫刻すること。また、その彫刻。
石に刻んだ文字などを印刷したもの。 「 -本」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石刻の言及

【金石学】より

…それらは古代ローマ人の公・私の生活の全域を覆い,ローマ史研究のための重要な史料をなすが,《業績録》のような皇帝の功業を詳述する大碑文,ディオクレティアヌス帝の〈最高価格令〉に代表される皇帝の勅令,多様な軍隊関係の文書といったように,ローマ帝国の成立と発展の結果,都市国家の世界であるギリシアでは見られぬ内容のものも,少なからず残されている。【伊藤 貞夫】
[中国]
 今日では,殷・周時代の青銅器に刻された銘文(金文)や秦・漢以後の石刻文を研究する学問をいう。旧中国では,印璽(いんじ),封泥(ふうでい),瓦当(がとう),磚(せん)や鏡鑑,貨幣,刀剣などに刻印された文字や甲骨文なども金石の範疇に入れたが,学問の細分化精密化とともに,現在では,貨幣,印璽,甲骨などの文字は別個に取り扱われる。…

【金石文】より


[中国]
 中国では一般的な書写材料である竹や木,帛(はく)や紙とともに,金属や石材が古くから用いられてきた。このうち金属に刻した銘文が金文,石材に刻した銘文が石刻あるいは石刻文,両者を併せて金石文という。金文の中には兵器(戈,戟,矛,剣など)や度量衡(権,量,尺など)や貨幣などの銘文もあるが,主要なものは殷・周時代の彝器(いき)とよばれる青銅器の銘文である。…

【石碑】より

…先秦時代では石に文章を刻んだものとして,秦国の石鼓文が古くから著名であり,近年になって中山国王の刻字河光石が発見されている。いずれも特定の形に加工しない自然石を利用したもので,石刻とよんでいる(秦刻石)。定型化した碑は後漢から始まり,遺例として後漢代の後半のものが各地にのこる。…

【銘文】より

…器物製作の由来や祈願・頌徳の文,製作者や製作年などが記されることが多い。また金属器に刻したものを金文,石に刻したものを石刻または石刻文,両者をまとめて金石文ともいい,銘文といえば金石文を指すように考えられがちである。これは金石に刻したもの以外は滅びやすいために,実見しうる銘文の中では金石文が大部分を占めているからにほかならない。…

※「石刻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石刻の関連キーワード鋳物彫木口彫腰元彫版彫腐刻彫物丸彫鏤金

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石刻の関連情報