コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚硝子 いしづかがらす

3件 の用語解説(石塚硝子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石塚硝子
いしづかがらす

ガラス瓶・ガラス食器の大手メーカー。起源は石塚岩三郎が長崎より製法修得ののち,文政2 (1819) 年ケイ石を原料とするビードロを岐阜土田で製造販売したことにある。次代で名古屋に移り,1927年シーメンス式炉を用い透明ガラス製造を開始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石塚硝子

1819(文政2)年創業。初代の石塚岩三郎が長崎でオランダ人から技術を学び、現在の岐阜県可児市で良質なケイ石を見つけ、ガラス製造を始めた。明治になり、2代目が小さな薬びんをつくった。2010年3月期連結決算の売上高は540億円(前期比4.9%減)、営業利益は13億円(前期は6億円の赤字)。

(2010-09-19 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

石塚硝子

正式社名「石塚硝子株式会社」。英文社名「ISHIZUKAGLASS CO., LTD.」。ガラス・土石製品製造業。文政2年(1819)創業。昭和16年(1941)「有限会社石塚硝子製作所」設立。同21年(1946)株式会社化にともない、現在の社名に変更。本社は愛知県岩倉市川井町。容器総合メーカー。製瓶・ガラス食器の大手。ペットボトルをはじめ紙・プラスチック容器も扱う。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード5204。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石塚硝子の関連キーワード旭硝子セントラル硝子日本板硝子アルスHOYA日本山村硝子ハンズマン不二硝子東洋ガラスSEMITEC

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石塚硝子の関連情報