コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石壮里遺跡 せきそうりいせきSokchangni‐yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

せきそうりいせき【石壮里遺跡 Sokchangni‐yujŏk】

韓国,忠清南道公州郡長岐面石壮里にある,朝鮮半島南部で初めて発見された代表的な旧石器時代遺跡の一つ。1964年の発見以来,たびたび発掘調査が実施された。錦江中流域右岸の標高約13~17mの河岸段丘上に立地する。10層以上の遺物包含層が認められたが,大きくは前・中・後の3時期の文化層に編年されるとともに,それぞれがヨーロッパ旧石器文化の前・中・後期の編年や技法に対比されている。石器の種類は豊富で,チョッパー,チョッピング・トゥール,ハンド・アックス,彫器,サイド・スクレーパー,エンド・スクレーパー,尖頭器細石核などの石器のほかに,石槌などの石器製作具も含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石壮里遺跡の関連キーワードチョッピング・トゥールハンド・アックス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android