石壮里遺跡(読み)せきそうりいせき(英語表記)Sokchangni‐yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

せきそうりいせき【石壮里遺跡 Sokchangni‐yujŏk】

韓国,忠清南道公州郡長岐面石壮里にある,朝鮮半島南部で初めて発見された代表的な旧石器時代遺跡の一つ。1964年の発見以来,たびたび発掘調査が実施された。錦江中流域右岸の標高約13~17mの河岸段丘上に立地する。10層以上の遺物包含層が認められたが,大きくは前・中・後の3時期の文化層に編年されるとともに,それぞれがヨーロッパの旧石器文化の前・中・後期の編年や技法に対比されている。石器の種類は豊富で,チョッパーチョッピング・トゥール,ハンド・アックス彫器,サイド・スクレーパー,エンド・スクレーパー,尖頭器,細石核などの石器のほかに,石槌などの石器製作具も含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android