コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石槌 イシヅチ

デジタル大辞泉の解説

いし‐づち【石×槌】

槌として用いられた石器。日本では縄文弥生時代にわたってみられる。
地形(じぎょう)に用いる大石。数本のを結びつけ、数人が力を合わせて上下させて、地面を固める。

いし‐つつ【石×槌】

古代の剣の一。柄頭(つかがしら)を石でつくったものという。
「久米の子が頭椎(くぶつつ)い―いもち撃ちてし止まむ」〈・中・歌謡〉
[補説]用例の「頭椎い」「石い」の「い」は上代副助詞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしづち【石槌】

槌として用いられた石器。
大石に数本の縄をつけ、数人で縄を引いて石を上下させて地面を固めるもの。地形じぎように用いる。

いしつつ【石槌】

柄頭つかがしらが石でできた頭槌くぶつちの剣か。一説に、石剣または槌の形をした石器の武器とも。 「頭椎くぶつつい、-い持ち、撃ちてし止まむ/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石槌の関連キーワード熊野権現御垂迹縁起函石浜遺物包含地打ちてし止まん渡具知東原遺跡キロキティア加栗山遺跡コチセ文化石壮里遺跡古事記修験道柄頭久米クリ地形石器

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android