コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石槌 イシヅチ

4件 の用語解説(石槌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いし‐づち【石×槌】

槌として用いられた石器。日本では縄文弥生時代にわたってみられる。
地形(じぎょう)に用いる大石。数本の縄を結びつけ、数人が力を合わせて上下させて、地面を固める。

いし‐つつ【石×槌】

古代の剣の一。柄頭(つかがしら)を石でつくったものという。
「久米の子が頭椎(くぶつつ)い―いもち撃ちてし止まむ」〈・中・歌謡〉
[補説]用例の「頭椎い」「石槌い」の「い」は上代の副助詞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしづち【石槌】

槌として用いられた石器。
大石に数本の縄をつけ、数人で縄を引いて石を上下させて地面を固めるもの。地形じぎように用いる。

いしつつ【石槌】

柄頭つかがしらが石でできた頭槌くぶつちの剣か。一説に、石剣または槌の形をした石器の武器とも。 「頭椎くぶつつい、-い持ち、撃ちてし止まむ/古事記

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石槌の関連情報