コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川依平 いしかわ よりひら

美術人名辞典の解説

石川依平

江戸後期の国学者。遠江生。通称為蔵のち惣太夫、号は柳園。栗田土満本居春庭門人。加納諸平近藤芳樹と共に〈一木二平〉と称された。村では組頭を務めた。著書に『柳園詠草』がある。安政6年(1859)歿、69才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川依平 いしかわ-よりひら

1791-1859 江戸時代後期の歌人,国学者。
寛政3年1月1日生まれ。冷泉為章(れいぜい-ためあき)に和歌を,栗田土満(ひじまろ),本居(もとおり)春庭に国学をまなぶ。歌の門人三百余人といわれ,近藤芳樹,加納諸平(もろひら)とともに「一木二平」と称された。家集に「柳園詠草」。安政6年9月4日死去。69歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。初名は方救(よりひら)。通称は為蔵,惣太夫。号は柳園,橿が本。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石川依平

没年:安政6.9.4(1859.9.29)
生年:寛政3.1.1(1791.2.3)
江戸後期の歌人。通称為蔵,惣太夫。号は柳園,橿が本など。遠江国佐野郡伊達方村(静岡県掛川市)に生まれる。神童,奇童ともてはやされ,6歳のときに掛川侯に召されて歌を詠じたという逸話を伝える。冷泉為章,栗田土満に入門。学問的には国学系の色彩が強いが,詠歌は堂上風の温和な作風も目立つ。幕末の歌人としての名声は高く,門人は300人を超えると伝える。家集『柳園詠草』は明治になって刊行された。<参考文献>井倉茂子「石川依平」(『文学遺跡巡礼』4)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

石川依平 (いしかわよりひら)

生年月日:1791年1月1日
江戸時代末期の歌人
1859年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

石川依平の関連キーワード花野井有年中村大館幡鎌幸雄飯田年平生年月日松木直秀山崎八峰丸尾清謙竹内春平新貝直蔭早崎益

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android