コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納諸平 かのう もろひら

美術人名辞典の解説

加納諸平

江戸時代後期の歌人・国学者。別名兄瓶。号は柿園。夏目甕麿の長男、加納伊竹の養子。遠江生。本居大平に師事する。歌壇の第一人者。著書に『類題和歌鰒玉集』『紀伊続風土記』等がある。安政4年(1857)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納諸平 かのう-もろひら

1806-1857 江戸時代後期の国学者,歌人。
文化3年9月生まれ。夏目甕麿(みかまろ)の長男。医学をおさめるかたわら本居大平(もとおり-おおひら)に国学をまなぶ。和歌山藩につかえ,天保(てんぽう)2年「紀伊(きい)続風土記」の編集を命じられる。のち国学所総裁に就任。和歌の門人に飯田年平らがいる。安政4年6月24日死去。52歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。通称は杏仙。号は柿園(かきぞの)。歌集に「柿園詠草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

加納諸平

没年:安政4.6.24(1857.8.13)
生年:文化3(1806)
江戸後期の国学者,歌人。本姓夏目。通称小太郎,杏仙,兵部など。長樹,兄瓶とも称した。号柿園。父は国学者夏目甕麿,母は末。遠江白須賀(静岡県湖西市)にて出生。父の縁で本居大平の門に入る。甕麿の死後紀州藩医加納伊竹の養子となる。天保2(1831)年藩の『紀伊続風土記』編集に召し出され,国学者として仕える。藩の内紛に巻き込まれ,友人の長沢伴雄に毒殺されかけ,発狂。病癒えてのちは長らく公務を解かれる。晩年,藩の国学所総裁となるが,間もなく急死した。家集『柿園詠草』。『類題鰒玉集』の編集刊行は全国の歌壇を大いに活性化したことで知られる。<参考文献>山本嘉将『加納諸平の研究』

(久保田啓一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かのうもろひら【加納諸平】

1806‐57(文化3‐安政4)
江戸後期の国学者。通称小太郎,号は柿園。遠州の国学者夏目甕麿(みかまろ)の長子。18歳のとき紀州和歌山の医師加納伊竹の養子となる。本居大平に国学を学び,和歌山藩の藩命を受けて《紀伊続風土記》《紀伊国名所図会》の編集にあたり,のち藩に国学所が開設されるやその総裁となった。歌論の考究にも努め,晩年は〈万葉英風の道〉を目ざした。全国の歌人から和歌を募集し,それを《類題鰒玉(ふくぎよく)集》としてつぎつぎに刊行したことも彼の名を著名にした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かのうもろひら【加納諸平】

1806~1857) 江戸後期の国学者・歌人。夏目甕麿みかまろの長子。紀州藩医加納氏の養子。通称、杏仙。号は柿園かきぞの。遠江の人。本居大平に師事。のち紀州藩の国学所教授。主著「柿園詠草」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加納諸平
かのうもろひら

[生]文化3(1806).遠江,白須賀
[没]安政4(1857).6.24. 和歌山
江戸時代後期の歌人,国学者。本姓,夏目氏。 18歳のとき和歌山の加納氏の養子となる。号,柿園 (かきぞの) 。本居大平の門下。当世歌人の作を集め『類題和歌鰒玉集』 (1828) を編んだ。家集『柿園詠草』 (53) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加納諸平
かのうもろひら
(1806―1857)

江戸後期の歌人、国学者。遠江(とおとうみ)国浜名郡白須賀(しろすが)駅(静岡県湖西市)酒造業夏目甕麿(なつめみかまろ)(1773―1822)の長子。通称杏仙(きょうせん)、名は諸平。柿園(しえん)と号する。和歌山の医師加納伊竹(いちく)の養子となって紀伊藩に国学者として仕官。1821年(文政4)本居大平(もとおりおおひら)に入門した。1828年全国の歌人の詠を撰修(せんしゅう)した当時最大の歌集『類題(るいだい)和歌鰒玉(ふくぎょく)集』第1編を出版、1854年(安政1)第7編まで出版。藩命により『紀伊続風土記(ふどき)』『紀伊国名所図会』(1812~1851)の編集に参加。熊野(くまの)の山深く旅行し実体験の歌89首を詠み、歌集『柿園詠草(しえんえいそう)』(1854)を刊行。柿園派と称せられる。1856年藩の国学所総裁となる。翌1857年6月24日卒中で急逝。和歌山湊(みなと)道場町海善寺(かいぜんじ)に葬る。歌論『万葉英風』を書き万葉精神の清新雄渾(ゆうこん)であることを強調するが、実作は万葉風に新古今風を加味した天保(てんぽう)調で、『新古今集』を称揚する。[辻森秀英]
 賤(しづ)の男(を)がたてし煙のあと見えて椿(つばき)の巻葉霜にこほれり
『山本嘉将著『加納諸平の研究』(1961・初音書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

加納諸平の関連キーワード伴林光平(ばんばやしみつひら)佐々木春夫小谷古蔭飯田秀雄古岳幽真藤原忠朝鈴木泰平尾崎正明千家尊孫近藤芳樹正宗直胤伴林光平鎌垣春岡木村晴孝熊代繁里海上胤平石川依平岩崎美隆前田水穂新貞老

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android