コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川光忠 いしかわ みつただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川光忠 いしかわ-みつただ

1594-1628 江戸時代前期の武士。
文禄(ぶんろく)3年生まれ。関ケ原の戦いで西軍に属して領地をうしなった播磨(はりま)(兵庫県)竜野城主石川光元の長男。母とともに徳川家康につかえ,慶長15年美濃(みの)・摂津に1万石余を領した。家康の命により,17年尾張(おわり)家徳川義直に臣属し,名古屋藩城代となる。子孫は藩家老を世襲,曾孫(そうそん)正章(まさあき)のとき石河(いしこ)と改姓した。寛永5年9月18日死去。35歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川光忠の関連キーワード井上正就菅原玄同谷衛友石川五右衛門小野忠明崇禎帝チャールズ鄭芝竜名古屋玄医鍋島焼