コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川梧堂 いしかわ ごどう

美術人名辞典の解説

石川梧堂

江戸後期の書家。名は総明、字は錫我・亀甫、別号に知秋庵。嘉永5年(1852)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川梧堂 いしかわ-ごどう

1778-1852 江戸時代後期の武士,書家。
安永7年生まれ。旗本石川総詳(ふさあきら)の養子となり,火消役などをつとめる。明(みん)(中国)の董其昌(とう-きしょう)の書をまなび,晩年には門人がおおかった。嘉永(かえい)5年1月6日死去。75歳。名は総明。字(あざな)は錫我,亀我(甫)。別号に知秋庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例