コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川維徳 いしかわ これのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川維徳 いしかわ-これのり

1776-1856 江戸時代後期の武士,和算家。
安永5年生まれ。信濃(しなの)(長野県)高遠藩士。文化10年同藩代官となる。日本海岸の測量図や領内地図を作成した。星野葛山(かつざん)に和歌や書道,矢島敏彦に和算,音韻学をまなび,和算などをおしえた。安政3年8月30日死去。81歳。本姓は堀内。前姓は竹内。字(あざな)は子温。通称は重左衛門。著作に「窮源算法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川維徳の関連キーワード岩崎博秋和算家

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android