コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢島敏彦 やじま としひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢島敏彦 やじま-としひこ

1763-1828 江戸時代後期の和算家。
宝暦13年1月21日生まれ。讃岐(さぬき)高松藩士の子で江戸で関流和算をまなぶ。のち信濃(しなの)(長野県)伊那(いな)郡南小河内村にすんで子弟におしえた。弟子に石川維徳らがいる。国学にも精通し,和歌もよくした。文政11年5月6日死去。66歳。字(あざな)は子恕。通称は八良左衛門。号は桃斎。著作に「数術集解」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

矢島敏彦 (やじまとしひこ)

生年月日:1763年1月21日
江戸時代後期の数学者
1828年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

矢島敏彦の関連キーワードストック(火成貫入岩体)カルク・アルカリ岩ボス(貫入岩体)スケルガード岩体火山砕屑岩アルカリ岩ソレアイト生年月日ラコリス安山岩線バソリスロポリス塩基性岩火山岩玄武岩安山岩集塊岩凝灰岩和算家火成岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android