コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石庵周鑑 せきあん しゅうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石庵周鑑 せきあん-しゅうかん

?-1524 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。伯耆(ほうき)(鳥取県)瑞仙(ずいせん)寺の海晏梵性につき出家,大年宗永の印可をうける。のち守護山名澄之にまねかれて瑞仙寺の住持となる。大永(たいえい)4年6月5日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石庵周鑑の関連キーワード宗教改革バスコダガマガマダヤン・ハン(達延汗)ホルバインドイツ農民戦争(農民一揆)繰り上げ償還の特例措置新韓銀行カモンイスグラナダ