コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大年宗永 たいねん そうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大年宗永 たいねん-そうえい

?-1505 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。天海空広(てんかい-くうこう),竺翁仲仙(じくおう-ちゅうせん)に師事して仲仙の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺,ついで伯耆(ほうき)(鳥取県)瑞仙寺の住持となった。永正(えいしょう)2年7月17日死去。伯耆出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大年宗永の関連キーワード近衛政家イワン梅枝イワン後法興院記十三陵対中ODA(政府の途上国援助)名古屋市人事委員会の民間給与調査方法アマーティイワン[3世]