コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石本幸八郎 いしもと こうはちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石本幸八郎 いしもと-こうはちろう

1803-1838 江戸時代後期の商人。
享和3年生まれ。石本庄五郎の長男。文化13年長崎平戸町代乙名(おとな)となり,天保(てんぽう)5年父の跡をついで乙名10代。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩御用達(ごようたし)をつとめ,天草石本家の出店松坂屋を経営した。跡目末弟幸平がついだ。天保9年1月28日死去。36歳。号は興昌。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石本幸八郎の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧グリムケ(姉妹)若宮丸漂流民ギュツラフドゥーフ日道白粒岩延命院日道ニューフランスヘルウェティア共和国

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android