コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石本庄五郎 いしもと しょうごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石本庄五郎 いしもと-しょうごろう

1780-1834 江戸時代後期の商人。
安永9年生まれ。文化13年父幸四郎の跡をついで長崎平戸町の乙名(おとな)9代となり,町政をとりしきる。文政年間には長崎市中の主要な諸職につく。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩御用達(ごようたし)をつとめ,貿易業,金融業もいとなんだ。天保(てんぽう)5年6月1日死去。55歳。号は興道。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石本庄五郎の関連キーワード石本幸八郎商人

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android