コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石森史郎 いしもり ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石森史郎 いしもり-ふみお

1931- 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和6年7月31日生まれ。34年テレビドラマ「ママちょっと来て」でデビュー。48年「約束」「旅の重さ」で芸術選奨新人賞,毎日映画コンクール脚本賞。「虹をかける天使たち」で監督にも挑戦。シナリオ塾寺小屋主宰。北海道出身。日大卒。筆名は松宮蛍子。作品にテレビ「水色の時」,映画「銀河鉄道999」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石森史郎の関連キーワードあの、夏の日 パーマネント・ブルー 真夏の恋新・同棲時代 ―愛のくらし―同棲時代―今日子と次郎―青春デンデケデケデケしあわせの一番星あゝひめゆりの塔ザ・カゲスター新必殺仕事人巣立つ日まで必殺仕事人続 愛と誠白い風よめまい脚本家愛と誠寒い朝理由凍河

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android