石橋秀野(読み)いしばし ひでの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋秀野 いしばし-ひでの

1909-1947 大正-昭和時代の俳人。
明治42年2月19日生まれ。与謝野(よさの)晶子に短歌を,高浜虚子に俳句をまなぶ。昭和4年山本健吉と結婚。横光利一主宰の十日会をへて,17年「鶴」同人。昭和22年9月26日死去。39歳。翌年遺句文集「桜濃く」で第1回茅舎(ぼうしゃ)賞(現代俳句協会賞)。奈良県出身。文化学院卒。旧姓は藪。
【格言など】火のやうな月の出花火打ち終る(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android