コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋蓮司 いしばし れんじ

2件 の用語解説(石橋蓮司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋蓮司 いしばし-れんじ

1941 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和16年8月9日生まれ。昭和40年劇団青俳の養成所に入所。43年劇団現代人劇場旗揚げに参加,51年妻の緑魔子らと劇団第七病棟を結成。57年「獣たちの熱い眠り」「魔性の夏 四谷怪談より」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞。61年「ビニールの城」でゴールデンアロー賞演劇賞。平成3年「浪人街」「われに撃つ用意あり」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞,毎日映画コンクール男優助演賞などを受賞。23年「アウトレイジ」「今度は愛妻家」でブルーリボン賞助演男優賞。東京都出身。日大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

石橋 蓮司


芸名
石橋 蓮司

性別
男性

生年月日
1941/08/09

星座
しし座

干支
巳年

出身地
東京都

身長
178cm

体重
64kg

デビュー年
1955

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
「劇団若草」、「劇団青俳」、「現代人劇場」などを経て、「劇団第七病棟」を主宰する。演劇、映画、テレビにおいて、強い個性と演技力で異彩を放つ。以前はヤクザ犯罪者、ヒモ・・・といったクセのある役柄が多かったが、近年はトレンディードラマユーモラスな父親や理知的な会社重役、ベテラン刑事や判事もこなし、幅広い役柄で存在感を示している。また、降旗、熊井、市川崑といった日本映画界の巨匠達の作品のほかに、三池崇史、行定勲、堤幸彦、北村龍平といった新しい才能との出会いが続き、彼らの作品でも半世紀に渡る長い経験に裏打ちされた、確かな演技で高い評価を得、無くてはならない存在になっている。

デビュー作
ふろたき大将

代表作品
映画『今夜は愛妻家』(2010) / 映画『四十九日のレシピ』(2013) / NHK連続テレビ小説花子とアン」』(2014)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石橋蓮司の関連キーワード石橋山石橋早生栃木県下野市石橋石橋〈町〉埼玉県東松山市石橋神奈川県小田原市石橋大阪府池田市石橋石橋町石橋義久石橋瓦窯跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石橋蓮司の関連情報