コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋蓮司 いしばし れんじ

2件 の用語解説(石橋蓮司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋蓮司 いしばし-れんじ

1941 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和16年8月9日生まれ。昭和40年劇団青俳の養成所に入所。43年劇団現代人劇場旗揚げに参加,51年妻の緑魔子らと劇団第七病棟を結成。57年「獣たちの熱い眠り」「魔性の夏 四谷怪談より」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞。61年「ビニールの城」でゴールデンアロー賞演劇賞。平成3年「浪人街」「われに撃つ用意あり」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞,毎日映画コンクール男優助演賞などを受賞。23年「アウトレイジ」「今度は愛妻家」でブルーリボン賞助演男優賞。東京都出身。日大中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

石橋 蓮司


芸名
石橋 蓮司

性別
男性

生年月日
1941/08/09

星座
しし座

干支
巳年

出身地
東京都

身長
178cm

体重
64kg

デビュー年
1955

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
「劇団若草」、「劇団青俳」、「現代人劇場」などを経て、「劇団第七病棟」を主宰する。演劇、映画、テレビにおいて、強い個性と演技力で異彩を放つ。以前はヤクザ犯罪者、ヒモ・・・といったクセのある役柄が多かったが、近年はトレンディードラマユーモラスな父親や理知的な会社重役、ベテラン刑事や判事もこなし、幅広い役柄で存在感を示している。また、降旗、熊井、市川崑といった日本映画界の巨匠達の作品のほかに、三池崇史、行定勲、堤幸彦、北村龍平といった新しい才能との出会いが続き、彼らの作品でも半世紀に渡る長い経験に裏打ちされた、確かな演技で高い評価を得、無くてはならない存在になっている。

デビュー作
ふろたき大将

代表作品
映画『今夜は愛妻家』(2010) / 映画『四十九日のレシピ』(2013) / NHK連続テレビ小説花子とアン」』(2014)

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

石橋蓮司の関連キーワード治安維持法日米交渉陥没カルデラ教養小説戦争と天気図ザ・ピーナッツロスビー後退変成作用カルデラ三田佳子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石橋蓮司の関連情報