コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油ベンジン セキユベンジン

百科事典マイペディアの解説

石油ベンジン【せきゆベンジン】

工業ガソリンの一種。単にベンジンとも。沸点30〜150℃のガソリン留分。無色透明な液体で,特異臭を有し,引火しやすい。しみ抜き,機械類の洗浄,各種溶剤などに使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきゆベンジン【石油ベンジン petroleum benzine】

工業ガソリンの一種で,単にベンジンbenzineともいう。沸点30~150℃の軽質のガソリン留分であり,しみ抜き,機械の洗浄,溶剤などの用途に使われる。ガソリン【冨永 博夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきゆベンジン【石油ベンジン】

石油の分留成分のうち、沸点がほぼ摂氏30~150度のもの。ガソリンの一部をなす。引火しやすい。燃料・溶剤・しみ抜きに用いる。ベンジン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石油ベンジン
せきゆべんじん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石油ベンジンの関連キーワードペンタカルボニル鉄フコキサンチン工業ガソリンカロテンヘプタン揮発油摂氏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android