洗浄/洗滌(読み)センジョウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐じょう〔‐ジヤウ|‐デウ〕【洗浄/洗×滌】

[名](スル)
薬品などで洗いすすぐこと。「胃を―する」
(洗浄)洗い清めること。特に、心身を洗い清めること。
[補説]「洗滌」は正しくは「せんでき」で、「せんじょう」は慣用読み。「洗浄」はその書き換え字で、本来は別語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんじょう【洗浄】

( 名 ) スル
が原義。「洗滌せんでき」が「せんじょう」と読まれるようになり、その意味にも通用されるようになった語〕
洗い清めること。 「哺乳瓶を-する」 「 -剤」
〘仏〙 心身を洗い清めること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐じょう ‥ジャウ【洗浄】

〘名〙
① (━する) 洗いきよめること。
※読本・近世説美少年録(1829‐32)二「梵唄殊勝にして、清響塵俗の心耳を洗浄(センジャウ)せり」 〔尹廷高‐過故里感懐詩〕
② (━する) 仏語。身心を洗いきよめること。
※正法眼蔵(1231‐53)洗浄「仏法によりて仏法を保任するにこの儀あり、これを洗浄と称す」 〔釈氏要覧‐下〕
③ 仏語。律で定める、根や茎などを食するときの作浄法(さじょうほう)の一つ。水で洗うこと。〔五分律‐二六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android