洗浄(読み)せんじょう

精選版 日本国語大辞典「洗浄」の解説

せん‐じょう ‥ジャウ【洗浄】

〘名〙
① (━する) 洗いきよめること。
※読本・近世説美少年録(1829‐32)二「梵唄殊勝にして、清響塵俗の心耳を洗浄(センジャウ)せり」 〔尹廷高‐過故里感懐詩〕
② (━する) 仏語。身心を洗いきよめること。
※正法眼蔵(1231‐53)洗浄「仏法によりて仏法を保任するにこの儀あり、これを洗浄と称す」 〔釈氏要覧‐下〕
③ 仏語。律で定める、根や茎などを食するときの作浄法(さじょうほう)の一つ。水で洗うこと。〔五分律‐二六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「洗浄」の解説

せん‐じょう〔‐ジヤウ|‐デウ〕【洗浄/洗×滌】

[名](スル)
薬品などで洗いすすぐこと。「胃を―する」
(洗浄)洗い清めること。特に、心身を洗い清めること。
[補説]「洗滌」は正しくは「せんでき」で、「せんじょう」は慣用読み。「洗浄」はその書き換え字で、本来別語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android