コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰窒素工業 せっかいちっそこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

石灰窒素工業【せっかいちっそこうぎょう】

窒素肥料の一つ,石灰窒素を生産する工業。1906年フランク・カロー法の工業化により成立,日本では1909年この技術を導入した。石灰石,石炭からカーバイドを経て一貫生産する。第2次大戦前はおもに変成硫安としたが,戦後は石灰窒素のまま出荷する。1955年の生産量50万tを頂点に,以後尿素その他に押され低下している。1997年の生産量は10.9万t。→肥料工業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

石灰窒素工業の関連キーワード野村 与曽市

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android