石灰質片岩(読み)せっかいしつへんがん(英語表記)calc-schist

岩石学辞典の解説

石灰質片岩

変成した泥質石灰岩で,通常は粒状である方解石が伸びた形または平らな形に再結晶したもので,このため片状構造を持つ岩石となる[Brongniart : 1813].炭酸塩鉱物を含む片岩[Mason : 1978].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android