コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石炭火力発電 せきたんかりょくはつでん coal‐fired power generation

2件 の用語解説(石炭火力発電の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

石炭火力発電

石炭を燃料とする発電システム地球温暖化問題への懸念から全廃の政策をとるデンマークなど、石炭削減の世界的潮流に対して、日本では逆に増大している。1975年度には全発電量の3.7%だった石炭火力が、2005年には稼働中の石炭火力は3575万kW(自家発電を除く)、約2400億kW時で約21%となった。石油石炭税も導入されたが、高効率の石炭ガス化複合発電(IGCC)などクリーンコールテクノロジーによる石炭火力の環境影響の改善があり、安価で安定供給が可能なため新規電力事業者が石炭火力に傾斜している。ただし、06年3月には山口県宇部市の大型石炭火力発電所が地球温暖化問題を理由に計画を断念するなど、温暖化防止対策の難しさもある。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきたん‐かりょくはつでん〔‐クワリヨクハツデン〕【石炭火力発電】

石炭を燃料とする火力発電

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石炭火力発電の関連キーワード地球温暖化防止条約アクティブソーラーシステム温暖化太陽光発電システム地球温暖化防止森林吸収源10ヶ年対策バイオエタノール燃料バイオ燃料ブーム地球温暖化対策推進法民主党の脱地球温暖化戦略真鍋淑郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石炭火力発電の関連情報