石炭火力発電(読み)せきたんかりょくはつでん(英語表記)coal‐fired power generation

知恵蔵の解説

石炭火力発電

石炭を燃料とする発電システム。地球温暖化問題への懸念から全廃の政策をとるデンマークなど、石炭削減の世界的潮流に対して、日本では逆に増大している。1975年度には全発電量の3.7%だった石炭火力が、2005年には稼働中の石炭火力は3575万kW(自家発電を除く)、約2400億kW時で約21%となった。石油石炭税も導入されたが、高効率の石炭ガス化複合発電(IGCC)などクリーン・コール・テクノロジーによる石炭火力の環境影響の改善があり、安価で安定供給が可能なため新規電力事業者が石炭火力に傾斜している。ただし、06年3月には山口県宇部市の大型石炭火力発電所が地球温暖化問題を理由に計画を断念するなど、温暖化防止対策の難しさもある。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石炭火力発電の関連情報