コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石炭火力発電 せきたんかりょくはつでんcoal‐fired power generation

知恵蔵の解説

石炭火力発電

石炭を燃料とする発電システム。地球温暖化問題への懸念から全廃の政策をとるデンマークなど、石炭削減の世界的潮流に対して、日本では逆に増大している。1975年度には全発電量の3.7%だった石炭火力が、2005年には稼働中の石炭火力は3575万kW(自家発電を除く)、約2400億kW時で約21%となった。石油石炭税も導入されたが、高効率の石炭ガス化複合発電(IGCC)などクリーン・コール・テクノロジーによる石炭火力の環境影響の改善があり、安価で安定供給が可能なため新規電力事業者が石炭火力に傾斜している。ただし、06年3月には山口県宇部市の大型石炭火力発電所が地球温暖化問題を理由に計画を断念するなど、温暖化防止対策の難しさもある。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

石炭火力発電の関連キーワードクリーンコールテクノロジー水銀に関する水俣条約エネルギー基本計画ベースロード電源碧南[発電所]リクレーマー石炭化学工業発電(電力)カーダンパースタッカー陝西(省)ピーク電源阿南(市)電源開発水俣条約汽力発電白 雲峰排煙脱硫CCS粘結炭

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石炭火力発電の関連情報