石田軍記(読み)いしだぐんき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石田軍記
いしだぐんき

石田三成(みつなり)のことを中心に記した軍記物。15巻。作者、成立年代不明。全76項目。豊太閤(ほうたいこう)治世より筆を起こし、豊臣秀頼(とよとみひでより)誕生、同秀次(ひでつぐ)讒言(ざんげん)、秀次自殺、徳川家康会津進発、三成謀反、関ヶ原の戦いのことなど、さらに三成ら刑死に至るまでのことを記し、最後に家康より諸将に闕国(けっこく)(無主の領地)を賜り人々家康の万歳を祝したことを記し擱筆(かくひつ)している。とくに三成称賛の記述はないが、題名のゆえか江戸時代には絶版書目に掲載された。『国史叢書(そうしょ)』所収。[橋本政宣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android