石野氏利(読み)いしの うじとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「石野氏利」の解説

石野氏利 いしの-うじとし

1621-1693 江戸時代前期の槍術(そうじゅつ)家。
元和(げんな)7年生まれ。樫原(かしはら)五郎左衛門,衣笠(きぬがさ)七兵衛にまなぶ。紀伊和歌山につかえ,兼与(けんにょ)流の水島言之(ときゆき)に師事。槍術の奥義を会得し,藩主徳川頼宣(よりのぶ)より離相流の流名と伝一の名をさずけられ,同流は藩の流儀とされた。元禄(げんろく)6年11月17日死去。73歳。初名は一蔵。通称は弥平兵衛。名は久範とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android