石飛博光(読み)いしとび はっこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石飛博光 いしとび-はっこう

1941- 昭和後期-平成時代の書家。
昭和16年5月27日生まれ。金子鴎亭に師事。昭和37年毎日展秀作賞。38年日展初入選。39年駿台学園高教諭。49年創玄展会長賞。58年創玄書道会理事に就任。63年,平成元年と連続で日展特選。24年「石飛博光書展 2011」で毎日芸術賞。NHKテレビ趣味悠々「石飛博光のたのしい暮らしの書道」に出演するなど書の普及に尽力。日展評議員,全日本書道連盟常務理事,毎日書道会理事,創玄書道会理事長,日本詩文書作家協会副理事長などをつとめる。北海道出身。東京学芸大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石飛博光の関連情報