コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子鴎亭 かねこ おうてい

4件 の用語解説(金子鴎亭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

金子鴎亭

書家。北海道生。比田井天来に師事する。日展参事・全日書連常任総務・近代詩文書作家協会会長・創玄会理事長。芸術院賞受賞。東京住。平成13年(2001)歿、95才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子鴎亭 かねこ-おうてい

1906-2001 昭和-平成時代の書家。
明治39年5月9日生まれ。比田井天来に師事。昭和23年毎日書道展創設につくす。41年「丘壑寄懐抱(きゅうがくかいほうをよす)」で日展文部大臣賞。42年芸術院賞。平成2年文化勲章。長年にわたり近代詩文書運動をすすめ,現代書に新分野をひらいた。創玄書道会会長。平成13年11月5日死去。95歳。北海道出身。函館師範(現北海道教育大)卒。本名は賢蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金子鴎亭
かねこおうてい

[生]1906.5.9. 北海道
[没]2001.11.5. 東京
書家。本名は賢蔵。 1929年函館師範学校 (現・北海道教育大学) 卒業。小学訓導を経て上京し (32) ,比田井天来に学ぶ。六朝北魏の楷書,木簡などを研究する一方で,48年の毎日書道展創設に力を注ぎ,64年には創玄書道会を結成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金子鴎亭
かねこおうてい
(1906―2001)

書家。北海道生まれ。本名は金子賢蔵。1929年(昭和4)北海道函館(はこだて)師範学校(現北海道教育大学)を卒業し、小学校の訓導になる。1932年東京に出て比田井天来(ひだいてんらい)に師事し、1948年毎日書道展の創設に努めた。1964年創玄書道会を設立し、近代文学の詩文を素材とした近代詩文書を開拓した。代表作の『丘壑寄懐抱(きゅうがくかいほうをよす)』により、1966年に日展文部大臣賞、1966年度の日本芸術院賞を受賞した。1973年に近代詩文書作家協会を設立、同会長、日展参事などを務める。1952年から1993年まで毎年「全国戦没者の霊」の墓標揮毫(きごう)を続けた。1990年(平成2)文化勲章を受章。著書に『金子鴎亭之書業』ほか。[編集部]
『板橋区立美術館編・刊『金子鴎亭』(1993) ▽金子鴎亭著、荒金大珠編『金子鴎亭書体字典』(1996・別府大学書道研究室)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金子鴎亭の関連キーワード小坂奇石大石隆子浅香鉄心伊藤鳳雲金子卓義栗原蘆水黒野清宇小山やす子津金孝邦劉蒼居

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金子鴎亭の関連情報