コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鹸石 セッケンセキ

岩石学辞典の解説

石鹸石

(1) パラモウデュラ(paramoudra)と同義で,チョークの中の大きな壷(pot)に似た団塊をいう[Bucklund : 1817, Norton : 1881].(2) 明緑色から暗緑色の岩石で,ステアタイトと緑泥石からなり,壷(pot)などを作るのに用いられる.炭酸塩鉱物,蛇紋石磁鉄鉱などで構成されている[Wallerius : 1747].(3) 鉱物名でサポナイト(saponaite)のことをいう.(4) 超塩基性岩が変成作用を受けた塊状の岩石で,主に滑石からなる[Mason : 1978].オーブンストーン(ovenstone)[Bonney : 1899],オライト(ollite)[Pinkerton : 1811],ラヴェッツィ(lavezzi)[Rosebusch & Osann : 1923].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

石鹸石の関連キーワードラヴェッツスタインディシントリバイトギルトスタインソープストーンポッタライトスメクタイトバルパム凍石

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android