コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂八目(読み)スナヤツメ

デジタル大辞泉の解説

すな‐やつめ【砂八目】

ヤツメウナギ科の淡水魚。全長約15センチで、カワヤツメと体形・体色ともに似る。冷水性で、一生を淡水で過ごす。九州南部を除く日本各地に分布。食用にしない。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すなやつめ【砂八目】

ヤツメウナギ目の淡水魚。全長15センチメートル 前後。体形は円筒形で、目の後方に七対の鰓孔えらあなをもつ。口は吸盤状で、顎あごがない。背面は暗青色、腹面は白い。幼魚は釣り餌とする。南日本の一部を除く日本各地に分布。ヤツメ。スナクグリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android