コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂八目 スナヤツメ

デジタル大辞泉の解説

すな‐やつめ【砂八目】

ヤツメウナギ科の淡水魚。全長約15センチで、カワヤツメと体形・体色ともに似る。冷水性で、一生を淡水で過ごす。九州南部を除く日本各地に分布。食用にしない。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すなやつめ【砂八目】

ヤツメウナギ目の淡水魚。全長15センチメートル 前後。体形は円筒形で、目の後方に七対の鰓孔えらあなをもつ。口は吸盤状で、顎あごがない。背面は暗青色、腹面は白い。幼魚は釣り餌とする。南日本の一部を除く日本各地に分布。ヤツメ。スナクグリ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

砂八目 (スナヤツメ)

学名:Collianassa petalura
動物。ヤツメウナギ科の淡水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

砂八目の関連キーワード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android