コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂時計構造 すなどけいこうぞうhour-glass structure

岩石学辞典の解説

砂時計構造

個々の結晶粒内部で,色,複屈折,消光角,光軸角などの光学的性質や,包有物の配列の仕方,変質の程度などが,鉱物の対称を反映した帯や特定の面の発達を反映した方向に沿って規則正しく変化する構造[片山ほか : 1970].ときに全体として砂時計類似の構造に見えることからこの名称がある.火成岩ではチタンオージャイト変成岩ではクロリトイドや空晶石(chiastolite)に普通に見られる.漏斗状構造東京地学協会 : 1916]

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android