コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破鏡尼 はきょうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

破鏡尼 はきょうに

?-? 江戸時代前期-中期の女性。
和泉(いずみ)(大阪府)岸和田藩士の娘。近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩中老職菅沼曲翠(きょくすい)の妻。享保(きょうほう)2年(1717)夫が不正をはたらいた藩士を殺害して自刃(じじん),一家は断絶し尼となる。夫とともに蕉門(しょうもん)の俳人で,和歌もよくした。また筑紫(つくし)琴の名手として知られ,破鏡流を創始したという。名は節。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android