コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬式飛行船 コウシキヒコウセン

デジタル大辞泉の解説

こうしき‐ひこうせん〔カウシキヒカウセン〕【硬式飛行船】

軽金属および木材で強固な船体をつくり、薄いガス袋を内部に収めた飛行船

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の硬式飛行船の言及

【飛行船】より

… しかしながらこのような軟式飛行船では船体の形状の維持の問題から大型化には限界があり,そこで,船と同様に船体の下に竜骨(キール)をもつ飛行船も作られた。これを半硬式飛行船といい,とくにイタリアにおいて発達し,アムンゼンが北極探検(1926)に用いたノルゲ号もこの形式であった。 これらに対して,縦通材と肋材の骨組みで船体の骨格を構成し,これに外皮を張るとともにその内部にガス袋を収納して外形を保持する構造の飛行船を硬式飛行船という。…

※「硬式飛行船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硬式飛行船の関連キーワードバーンズ ウォーリスツェッペリン飛行船ツェッペリン安全性ノビレ設計

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

硬式飛行船の関連情報