硬式飛行船(読み)コウシキヒコウセン

精選版 日本国語大辞典の解説

こうしき‐ひこうせん カウシキヒカウセン【硬式飛行船】

〘名〙 飛行船のうち、金属や木材で骨格を作り、その中へガス袋を入れたもの。代表的なものにツェッペリン飛行船がある。現在はガス袋だけの軟式飛行船が主流。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の硬式飛行船の言及

【飛行船】より

… しかしながらこのような軟式飛行船では船体の形状の維持の問題から大型化には限界があり,そこで,船と同様に船体の下に竜骨(キール)をもつ飛行船も作られた。これを半硬式飛行船といい,とくにイタリアにおいて発達し,アムンゼンが北極探検(1926)に用いたノルゲ号もこの形式であった。 これらに対して,縦通材と肋材の骨組みで船体の骨格を構成し,これに外皮を張るとともにその内部にガス袋を収納して外形を保持する構造の飛行船を硬式飛行船という。…

※「硬式飛行船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android