硬筆(読み)コウヒツ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ひつ〔カウ‐〕【硬筆】

に対し、ペン・鉛筆などの先のかたい筆記具をいう。「硬筆習字」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうひつ【硬筆】

毛筆に対し、ペン・鉛筆などのように先のかたい筆記用具。 「 -習字」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ひつ カウ‥【硬筆】

〘名〙
① 力強い筆使い。また、精力的に筆をふるうこと。
※篁園全集(1844)一・二月十一日、蕉園招飲、席上分賦十二体、得七言古韻侵「文壇百戦無虚日、硬筆掃紙凜霜鐔」 〔李覯‐魯公碑詩〕
毛筆に対して、先の堅い、書く道具をいう。鉛筆、ペンなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

硬筆の関連情報