コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬質米 こうしつまい

3件 の用語解説(硬質米の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬質米
こうしつまい

九州,四国,太平洋側の諸県で生産された米をいう。北海道,東北,北陸,山陰の諸地方の産米は軟質米といわれるが,この呼称は必ずしも米質の硬軟をいうものではなく,行政上,あるいは商取引上の習慣によるものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしつまい【硬質米】

水分含有量の少ない米。
米の商慣習による区別の一。九州・四国地方で産する米。 → 軟質米

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の硬質米の言及

【米】より

…米の栄養価値のうえでは両者に大きな差はないが,陸稲の飯は粘りがないので,食味は水稲に劣るといわれている。(4)硬質米と軟質米 米の乾燥を太陽熱による自然乾燥にたよっていた1945年ころまでは,太平洋側や四国,九州で生産される米は概して乾燥がよく,北陸,山陰,東北,北海道で生産される米は収穫時期の天候などの関係で多水分のものが多く,前者を硬質米,後者を軟質米と呼んでいた。火力を利用する人工乾燥が普及した今日でもこの習慣は続いているが,これは商習慣のうえからきた区分であり,必ずしも米粒の質の硬軟を意味していない。…

※「硬質米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硬質米の関連情報