確立された国際法規(読み)かくりつされたこくさいほうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

確立された国際法規
かくりつされたこくさいほうき

広く国際社会において強い法的確信に支えられて一般に有効と認められている国際法規をいう。日本国憲法 98条2項は,「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は,これを誠実に遵守することを必要とする」と定めている。国際法には慣習法のように不文法の形をとっているものが多く,単なる慣習や慣行とまぎらわしいので,それらと区別するため,特に「確立された国際法規」という文言が用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android