有効(読み)ユウコウ

  • ゆうこう イウカウ
  • ゆうこう〔イウカウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
ききめのあること。効力をもっていること。また、そのさま。「資金を有効に使う」「有効な手段」⇔無効
法律上の効力をもっていること。⇔無効
柔道の試合で、技有りに近い技のときに下す判定押さえ込みでは、20秒以上25秒未満経過した場合。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
効きめがあること。役に立つこと。また、そのさま。 -な治療を施す 時間を-に使う -期限無効
法律上の効力を有すること。 -投票数無効
柔道で、もう少しで「技有り」となるような技があったと認める判定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) ききめのあること。効力をもっていること。役に立つこと。また、そのさま。「有効な手段(技)」「有効期間」など。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「此巨額の金を、有効に使用し居るかを監視す可きは」
② 法律上の効果を生じること。効力があること。「有効投票数」 〔仏和法律字彙(1886)〕
柔道の試合で、「技あり」に近い技のときに下す判定。抑え込みでは、二〇秒以上二五秒未満経過した場合。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の有効の言及

【柔道】より

当身技は,柔術においては重視されたが,講道館創立後は各種の形で指導されているにとどまり,それほど発展をみていない。 一方,その思想的発展をみると,嘉納ははじめは〈柔〉の理にその原理をおいていたが,大正時代に至り,柔術の柔の理である〈柔よく剛を制す〉という説明だけでは柔道の攻撃・防御の方法は十分でなく,〈柔道は心身の力を最も有効に使用する道である〉とした。そして,〈その修行は,攻撃防御の練習によって身体精神を鍛練修養し,斯道の神髄を体得することである。…

※「有効」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有効の関連情報