コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁山遺跡 じざんいせきCi-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁山遺跡
じざんいせき
Ci-shan

中国河北省武安県西南にある早期新石器文化の遺跡。 1976~77年に調査され,中国最古の新石器文化とされていた仰韶文化よりも古い遺跡であることが確認された。完成度の高い各種の土器があるが,彩文のあるものはごく少い。石器は打製石器もあるが,製粉具 (磨臼の上臼と下臼) と考えられる特徴的な石器をはじめとして,石斧の類,石鎌など農耕に使用される磨製石器がそろっている。裴李崗遺跡などとともに,華北アワをおもな作物とする最古の農耕遺跡である。年代は前6千年紀にさかのぼる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の磁山遺跡の言及

【磁山文化】より

…中国,河北省南部の武安県洺河流域に分布する新石器時代早期の文化。標識となった磁山遺跡は県城の南西20kmにあり,1976‐77,78年と2度の調査が行われ,灰坑と上下2層の文化層を出土した。土器は夾砂・泥質の紅陶で,盂,それをのせる支脚,三足鉢,深腹缶,双耳壺,丸底鉢などがある。…

※「磁山遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁山遺跡の関連キーワード磁山文化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android