コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鎌 いしがま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石鎌
いしがま

穀物を刈入れる農具イランでは中石器時代にフリント製の石刃を細長い骨棒に数個縦列にはめこんだものが出土している。やがてこの技法は,西アジアで興った原始農耕の農具に受継がれ,小の収穫などに使われた。一方中国では,新石器時代粘板岩形に磨き上げ,内側に刃を施したものが出現する。これは柄をつけて使用したものである。日本でも弥生時代の遺跡から,これに類するものが発見されるが,すべて農具として使われたかは疑問である。というのは刃部が厚く重量もあり,武器としての機能も持合せているからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いし‐がま【石鎌】

鎌の形をした弥生時代磨製石器。木の柄をつけ、収穫・草刈りに用いたらしい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしがま【石鎌】

先史時代および古代の農耕社会で用いられた石製の収穫具。その起源はオリエント地方の中石器時代以降にみられ,木や骨で作った柄の側面に溝を彫り,そこへ石刃を植えつけた小麦用の収穫具に求められる。ヨーロッパでは新石器時代後期に湾曲した木柄に石刃を差し込んだ鎌が現れるが,のちに地中海東部先進地域の青銅製の鎌を模した三日月形の石鎌に変化する。中国では石刀と呼び,竜山文化期(約4000年前)にほぼ全土にわたって磨製の石鎌が出現する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いしがま【石鎌】

磨製石器の一。鎌の形をし、弥生時代に稲刈りに使用された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石鎌
いしがま

磨製石器の一種。粘板岩、頁岩(けつがん)などの水成岩質の岩石を研磨し、現在の鉄製鎌に類似した石器。穀類の穂つみ用具と考えられるが、同用途の石包丁と比較すると、分布圏も狭く、出土例もきわめて少ない。同型の青銅品、鉄製品も弥生(やよい)文化の遺跡で1、2の破片が発見されている。朝鮮半島、中国大陸河南・河北省方面からも類似の磨製石器の発見があり、この型の石器は、弥生文化の時代に大陸から朝鮮半島を経て、青銅製品とともに渡来したが、西北九州の一部で使用されただけであったと考えられる。鎌のように反りのあるものもあり、一端は先がとがり、他端は方形で、端部に近い両側にはえぐり込みがあり、紐(ひも)で柄部へ結び付きやすくしてある。[江坂輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石鎌の言及

【鎌】より

…なぎ鎌を使うと鎌のおよそ5倍の速度で収穫できる反面穂首折れも多く,落穂拾いを必要とする。中国の新石器時代にも石鎌がある。しかし,穂の部分を摘みとる石庖丁が広く使われた。…

【裴李崗文化】より

…第2次調査でアワと思われる炭化穀物が確認され,豚・羊・犬・牛骨,豚や羊の頭部土偶も出土しており,畑作による農耕と家畜飼養が行われていたと考えられる。 生産工具には石鏟(せきさん),石斧,石鑿,石鎌,石庖丁,石磨盤,石磨棒がある。石鏟には扁平磨製の両端が円弧をなす牛舌状と有肩状の2種があるが前者が多い。…

※「石鎌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石鎌の関連キーワードイェリコ(遺跡)スタルチェボ文化鄭州二里岡遺跡皇娘娘台遺跡ククテニ文化ハッスーナ期智塔里遺跡櫛目文土器屈家嶺遺跡可楽洞遺跡立岩遺跡大石遺跡磁山遺跡高橋貝塚磁山文化稲刈り

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android