コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気圏プラズマ じきけんプラズマmagnetospheric plasma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気圏プラズマ
じきけんプラズマ
magnetospheric plasma

磁気圏を満たしている水素,ヘリウムなどのプラズマ粒子。温度は 103~105K でプラズマ粒子密度は地上 1000km 付近で 104/cm3 程度であるが,高度が増すにつれ粒子数は減少する。磁気圏プラズマの存在は磁気圏内を磁力線に沿って遠距離まで伝わる電放電による電波についてのストーリーによる研究 (1953) によって明らかにされた。現在ではロケットや科学衛星によって磁気圏プラズマが直接に測定されるようになっている。磁気圏プラズマと太陽風との相互作用,地球磁場 (→地磁気 ) との相互作用などは高層大気物理学の主要な問題となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

磁気圏プラズマの関連キーワードテザー衛星松本紘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android