コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科学衛星 かがくえいせい scientific satellite

5件 の用語解説(科学衛星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

科学衛星
かがくえいせい
scientific satellite

上層大気の組成,宇宙線,太陽放射線電離層,磁場,天体,宇宙などの科学的な観測を目的とした人工衛星アメリカ宇宙背景放射観測衛星「コービー」や日本のX線天文衛星ぎんが」などが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かがく‐えいせい〔クワガクヱイセイ〕【科学衛星】

宇宙空間に関する科学的観測を目的とする人工衛星。高層大気電離層の観測・調査、月や惑星の探査、大気圏外からの天体観測などを行っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かがくえいせい【科学衛星 scientific satellite】

大気の組成や密度,重力場や磁場,宇宙線など地球を取り巻く環境の観測・調査や,大気圏外からの天体の観測などを目的とした人工衛星。人工衛星という新しい観測手段を得て天文,地球物理といった物理学の諸分野は飛躍的な発展を遂げるに至った。地磁気,高層大気など地球を取り巻く環境をその場で直接計測することができ,さらに太陽系の諸惑星にも到達できるようになった。また大気圏外を周回する衛星からの天文観測によって,大気層にじゃまされずにより精度の高いあるいは新しい現象の観測が可能となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かがくえいせい【科学衛星】

天体の観測や地球環境の調査などの科学的研究を目的とする人工衛星。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

科学衛星
かがくえいせい
science satellite

地球周辺や宇宙空間に関する科学的観測を行うことを目的として打ち上げられる人工衛星を科学衛星という。科学衛星は地球大気や電離層などの観測を目的とするもの、地球周回軌道から離脱して月や太陽系惑星に近づき、表面の観測や軟着陸サンプルリターンを行う宇宙探査機、遠い天体から発せられる光や赤外線、宇宙線(X線、γ(ガンマ)線など)を観測する天体観測衛星などに大別できる。科学衛星による観測は、国際協力によるものが圧倒的に多い。宇宙科学で扱う分野は広く、研究者が協力して観測機器を開発したりデータの解析などが行われる。
 地球大気・電離圏観測では、「きょっこう」(1978)、「じきけん」(1978)、「おおぞら」(1984)、「あけぼの」(1989)、「ジオテイル」(1992)などがある。月や太陽系惑星探査では「のぞみ」(1998)が火星周回軌道に、「かぐや」(2007)が月周回軌道に投入され、観測が行われた。2003年(平成15)に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」は、小惑星イトカワからのサンプルリターンに成功し、世界の注目を集めた。金星探査機「あかつき」は2010年に打ち上げられたが、金星周回の軌道投入に失敗した。水星探査計画はヨーロッパ宇宙機関(ESA)との共同プロジェクトで開発が進められている。
 天体観測では「はくちょう」(1979)、「ひのとり」(1981)、「てんま」(1983)、「ぎんが」(1987)、「あすか」(1993)などが、X線やγ線で天体観測を行った。これらに続くミッションに、X線天文衛星「すざく」がある。太陽観測衛星「ひので」は2006年に打ち上げられて、太陽表面の磁気活動とコロナの観測を実施している。赤外線天文衛星「あかり」は2006年に打ち上げられ、超新星爆発やその残骸の観測を実施した。電波天文衛星「はるか」は1997年に打ち上げられ、超長基線電波干渉法(VLBI)で活動銀河核の高解像度観測を実施した。科学衛星では日本は世界のトップクラスの成果をあげている。2010年時点で32機を送り出している。[森山 隆]
『斎藤成文著『日本宇宙開発物語――国産衛星にかけた先駆者たちの夢』(1992・三田出版会) ▽中冨信夫著『宇宙探査――NASAリポート』(1993・立風書房) ▽木田隆・小松敬治・川口淳一郎著『宇宙工学シリーズ3 人工衛星と宇宙探査機』(2001・コロナ社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

科学衛星の関連キーワード一次宇宙線空気シャワー二次宇宙線気圏大気科学体組成緯度効果炭素14法宇宙環境大気の密度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

科学衛星の関連情報