コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磨光韻鏡 マコウインキョウ

デジタル大辞泉の解説

まこういんきょう〔マクワウヰンキヤウ〕【磨光韻鏡】

江戸中期の音韻書。2巻。文雄(もんのう)著。延享元年(1744)刊。中国の音韻図「韻鏡」の研究書で、その構成原理を校訂図示し、使用法と音韻一般を解説したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まこういんきょう【磨光韻鏡】

「韻鏡」の研究書。二巻。文雄もんのう著。1744年刊。「韻鏡」を校訂・解説し、あわせて音韻一般について論ずる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

磨光韻鏡の関連キーワード音韻学文雄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android