コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磨消縄文 すりけしじょうもん

2件 の用語解説(磨消縄文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磨消縄文
すりけしじょうもん

縄文土器に主として用いられた文様手法。縄文を施したのち沈線で区画し,枠外の縄文をすり消して内側だけの縄文を残すか,あらかじめ沈線で区画文を描いて縄文を充填する方法によってつくられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磨消縄文
すりけしじょうもん

縄文時代に発達した土器の文様装飾技法の一つ。土器面に撚紐(よりひも)を回転させて縄文を施文し、その上にさらに沈線を引いて区画文を描き、その区画の外か内側の縄文を磨り消して装飾効果をあげる方法をいう。ただし、縄文の施文に先だって区画文を引き、そのあと区画内だけに縄文を施文するものも一般に磨消縄文とよばれている。この技法は縄文時代の前期におこり、晩期に至るまで繰り返し用いられ、東日本においては弥生(やよい)土器の一部にまで残存した。西日本の縄文土器では後期後半以降用いられなくなる。このことから、磨消縄文は東日本縄文文化のなかで生まれ発達した文化伝統の一つと考えてよい。[鈴木公雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone