コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磨耗 まもうabrasion

翻訳|abrasion

岩石学辞典の解説

磨耗

動く間の衝撃や摩擦によって,岩石や破片が機械的にすり減る作用[Twenhofel : 1939].渡辺は潮汐や海流による陸地面の縁を破壊する作用を海蝕abrasion)としている[渡辺編 : 1935].ラテン語abは英語のfrom, rasusはこする,摩擦するの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

磨耗の関連キーワード老化にともなう歯の病気と症状スチレンブタジエンゴムデビトロセラミックス軸受け合金・軸受合金クッションフロアメカニカルマウスサイクロイド歯車セメンテーションビニール系床材タングステン鋼子どものむし歯スパイクタイヤノンスリップモリブデン鋼ビニルタイルマイアサウラスプルースアスベストタンガロイニッカトー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磨耗の関連情報