磯貝十郎左衛門(読み)いそがい じゅうろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯貝十郎左衛門 いそがい-じゅうろうざえもん

1679-1703 江戸時代前期の武士。
延宝7年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。15歳のとき,堀部弥兵衛(やへえ)の推薦で播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえた。元禄(げんろく)15年吉良義央(よしなか)邸への討ち入りに参加し,翌16年2月4日切腹。25歳。名は正久(まさひさ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯貝十郎左衛門の関連情報