コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高政 たかまさ

世界大百科事典 第2版の解説

たかまさ【高政】

江戸前期の俳人。生没年不詳。姓は菅野谷(すがのや),通称は孫右衛門。俳諧惣本寺,伴天連社(ばてれんしや)などを名のる。江戸の人。1674‐75年(延宝2‐3)ごろ上京。江戸在住当時から中央俳書に句を投じていたが,上京後,《誹諧絵合(えあわせ)》(1675),《後集絵合》(1677)等の編著によって一躍名をはせた。79年(延宝7)刊《俳諧中庸姿(つねのすがた)》は,その書名とは裏腹に奇矯異体の限りを尽くした作品であったため,貞門派の憎しみを買い,随流の《誹諧破邪顕正(はじやけんしよう)》(1679),重頼の《誹諧熊坂》(1679)など論難書が出され,やがて全俳壇を巻き込む規模の抗争事件へと発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高政
たかまさ

生没年未詳。江戸前期の俳人。菅野谷(すがのや)氏。通称孫右衛門。惣本寺(そうほんじ)高政あるいは伴天連社(ばてれんしゃ)高政ともいう。京の人。富小路通錦(にしき)小路上ル町に住す。1702年(元禄15)ごろまで60代なかばの年齢で生存が確認できる。初め貞室(ていしつ)門、のち宗因(そういん)に傾倒して、京都談林(だんりん)派の中心的人物となる。1679年(延宝7)『中庸姿(つねのすがた)』を刊行し、「目にあやし麦藁一把飛蛍(むぎわらいちはとぶほたる)」の発句(ほっく)以下、奇抜な譬喩(ひゆ)や新奇な吟調によって一躍著名な存在となり、貞門との間に活発な論争を引き起こすが、1682年(天和2)宗因の死を機に俳壇から離れてゆく。編著『誹諧絵合(はいかいえあわせ)』(1675)、『後集絵合』(1677)、『是天道(これてんどう)』(1680)など。[雲英末雄]
『雲英末雄編『貞門談林諸家句集』(1971・笠間書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高政の言及

【俳諧中庸姿】より

…俳諧の連句集。高政(たかまさ)編。1679年(延宝7)刊。…

※「高政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高政の関連キーワード佐伯[市]菅野谷高政角牟礼城跡清水山城跡省庁間調整ヘルナンド富樫政親少弐貞経黒田之勝藤堂高睦角牟礼城小幡彦七三好康長岩成友通党高政低三好義賢雑賀孫一京極高広石川三長斎藤義竜

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高政の関連情報