コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯貝碧蹄館 いそがい へきていかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯貝碧蹄館 いそがい-へきていかん

1924-2013 昭和後期-平成時代の俳人,書家。
大正13年3月19日生まれ。川柳,自由律俳句をへて,昭和29年から中村草田男に師事。35年「与へられたる現在に」で角川俳句賞,41年「握手」で俳人協会賞。49年俳誌「握手」を創刊,主宰。明朗,軽快な句風で知られる。書は金子鴎亭(おうてい)にまなび,創玄展審査員をつとめた。平成25年3月24日死去。89歳。東京出身。豊南商業中退。本名は甚吉。句集はほかに「眼奥」「未哭微笑」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

磯貝碧蹄館の関連キーワード自由律俳句万緑

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android